好きイコール

こんにちは、アトリエ本楽寺です。



一生懸命に粘土をこねる年少さんの手が可愛らしかったので、パチリ。




たまに思うのですが、「好き」イコール「上手」では決してないです。



好きこそ物の上手なれ、とは良く言いますが、間違って「好きなら上手なはず」と思い込んでしまうとなかなか窮屈で、せっかくの子どもの「好き」を潰してしまうことがあります。



一番大切なのは子ども達がそれを「好き」であることを持続させてあげること。



「好き」なままでいさせてあげることが、大人の大切な役割だと思います。



「うちの子はお絵かきや工作が好きなのに、賞も貰えないし、大人から見ても上手なようには思えない…」と思っている方がいらっしゃるかもしれません。



ですが、技術を向上させようと大人が口出しすると、どうしても子供たちの純粋な気持ちが削られていき、大人の反応や評価を気にしてしまうようになります。



例えば、6歳の子に無理やり遠近法を教えて、教えた通りに描けて褒められたとしても、嫌々描いた作品を、その子は好きになってくれるでしょうか。


遠近法を教えた大人の目を気にして絵を描くようになってしまうかもしれません。




絵を描くのが好きで好きで仕方がない子が


「沢山の人と作品を共有したいな」


とか


「自分の気持ちを作品を通して皆に伝えたいな」


とか


「あの作家さんみたいにカッコよく描いてみたいな」



等と思うようになって、初めて技術を磨く位で丁度良いのです。


そういう子は大人が何も言わなくても、ぐんぐんと強く伸びます。




好きな気持ち、描きたいという気持ちで溢れた作品は、どんなに拙く見える作品でも、観る人を惹きつける部分が必ずあります。


私達大人は、そういうキラッと光る部分を拾い上げて認めてあげることが一番大事な仕事なのです。




根保 佳菜子


*子ども美術教室 体験レッスン1時間30分¥1500

水彩絵の具などを使って、お好きなものを描いていただきます。

*クレイクラフト教室 体験レッスン2時間¥2,500

初めての方でも素敵なお花を作ることができます。

 

アトリエ公式ホームページ内お問い合わせフォームまたはお電話で予約できます。

アトリエ本楽寺

➡05035038585