手作りの額縁

こんにちは、アトリエ本楽寺です。

 

先日、ZOOMレッスンで手作り額縁をレッスンしました。

 

 

今回は額装マットも手作りです。

 

マットは額と絵の間に重ねる分厚い台紙で、作品の雰囲気に合わせて色や質感を変えて額装します。

 

マットと言っても、こども美術教室では普通の画用紙を使うのですが、絵具で色を変えるだけで作品の雰囲気がぐっと深まります。

 

この生徒さんはオレンジ色の絵具でマットを塗っていましたが、作品と良く合っていて素敵でした^^

 

額の部分は段ボール板をカットして制作中です。

 

 

 

 

さて、図画工作や美術の授業などで絵を完成させた後、額縁に入れることってほとんど無いと思います。

 

私としては、完成した作品は是非額縁に入れて壁に飾ってほしいと思っています。

 

特に「絵が上手くなりたい!」と思っている子。

 

「美術」は作品が完成したら終わりではありません。

 

その作品を他の人に「鑑賞」してもらって、初めて成立します。

 

家の壁に飾って、家族や友達に感想を聞いたり、意見交換したりすることがとても大切です。

 

そして、もっと大切なのは「壁に飾られた一つの美術作品」として自分の作品を客観的に観ること。

 

これが一番の勉強になります。

 

額にきちんと入れて飾ってるだけで、無意識のうちに「美術作品」として自分の絵を観たり分析するようになります。

 

これを繰り返すと、何となく手を動かして作品を完成させていた子が、制作者として責任持って作品に取り組むようになります。

 

 

 

また、幼児でしたら、家族で対話すること自体が感性を豊かにしますので、制作工程を聞いたり、何を描いたのか聞いてあげるだけでも充分だと思います。

 

感性が豊かな子は視点も多角的。

 

頭も心も柔らかい、芯の強い子に育ちます。

 

 

 

根保 佳菜子

 

*子ども美術教室 体験レッスン2時間1500円

水彩絵の具などを使って、お好きなものを描いていただきます。

*クレイクラフト教室 体験レッスン2時間¥2,500

初めての方でも素敵なお花を作ることができます。

 

アトリエ公式ホームページ内お問い合わせフォームまたはお電話で予約できます。

アトリエ本楽寺

➡05035038585

 

 

 

 

 

コメント